個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?

大阪の医学部個別指導塾・予備校

大阪エリアでの合格実績が多い個別指導の医学部予備校と、医学部がある代表的な大学の特徴、予備校での寮暮らしの注意点についてまとめました。大阪付近で予備校選びに迷っている方は絶対に参考になるのでチェックしてみてください。

大阪で合格実績が多い個別指導の医学部予備校3校

予備校を選ぶ上で一番気になるのが合格実績ですよね。そこで、合格実績を基準に、大阪エリアでオススメの医学部専門予備校を3校に厳選しました。

全国合格者数No.1!メディカルラボ

メディカルラボ イメージ画像

数多くある医学部専門予備校の中で合格者数No.1という圧倒的な実績を持つのが、完全個別指導のメディカルラボです。2017年度入試は全国で802名もメディカルラボから合格者を輩出し、大阪では「大阪大学」を筆頭に、大阪医科大学などの私立大学への多数の合格実績があります。

メディカルラボがここまで合格者が多い秘密は、指導の質の高さです。生徒一人ずつに担任を割り当て、業界トップレベルの指導力を持つ講師が教科別にチームで指導するという徹底的な指導体制がその強み。完全個別指導のため、生徒一人ひとりの学力や性格を把握することができ、プロによる圧倒的な経験と知識でその生徒に合った受験戦略を練ってくれるのです。

指導スタイル 完全個別指導
2017年度合格者数 802名
費用(高卒生科) 入学金:100,000円
個別カリキュラム管理費:515,000円
年間授業料:4,335,000円
Dr.英世のコメント

全国で実績を残しているメディカルラボは、大阪エリアでも阪大など難関校へ合格者を輩出しています。指導の質の高さは難関校相手でも問題なし。自分にあったカリキュラムで、医学部合格を実現できます。

大阪エリアの校舎

大阪梅田校

所在地 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館タワーB 13F
アクセス JR大阪駅から徒歩1分(2F連絡デッキまたは地下1F通路と直結)、各線・梅田駅から徒歩3分
学生寮 有り

大阪なんば校

所在地 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー30F
アクセス 各線・難波(なんば)駅から直結
学生寮 有り

圧倒的な学習量と質!進学塾ビッグバン

進学塾ビッグバン イメージ画像

「朝9時から夜の10時まで1日630分で年間2700時間」。ビッグバンの学習コースの一つ、浪人生向けの「医歯薬ロジスティックスコース」では、これほど圧倒的な学習量で勉強漬けの日々を送ります。そのペースは、同じ単元を年に2~3周するほどで、通常の倍以上の速度です。食事時間や休憩、自習時間が間にあるとはいえ、これほどの学習量は、他では不可能でしょう。合格率もかなり高く、医学部医学科の合格率は80%。大阪医科大学や近畿大学などの合格実績があります。

他にも現役生がメインのコース、「プレカレッジコース」でも充実した個別指導が受けられ、フリープランを選べば自分のスケジュールに合わせて短期集中の受講ができるなど、柔軟性も高いです。本気で医学部を目指す受験生のためのハードな環境が整っている予備校です。

指導スタイル クラス制・個別指導
2017年度合格者数 51名
費用(私立医学部受験コース) 年間約5,000,000円
Dr.英世のコメント

進学塾ビッグバンの売りは、精鋭の講師陣にあります。個性的な講師陣と勉強量を重ねる上、生徒一人ひとりにサポートチームが組まれます。手厚い体制で、合格までの道のりを案内してくれるわけですね。

大阪エリアの校舎

大阪梅田校(2018年2月大阪茨木校より移転)

所在地 〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル7F
アクセス JR大阪駅から徒歩8分、阪急・梅田駅から徒歩6分、阪神・梅田駅から徒歩8分
学生寮 有り

大阪南校

所在地 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1-16-12 ビッグバン府立体育館前ビル
アクセス 南海本線・難波駅から徒歩3分、阪神線及び近鉄線・大阪難波駅から徒歩5分、JR難波駅から徒歩8分
学生寮 有り

40年の経験が凝縮!メディック(MEDiC)

MEDiC イメージ画像

メディックは、40年間培ってきたノウハウを凝縮した「高等進学塾グループの指導方法」で、生徒一人ひとりを丁寧に指導しています。その実力は確かで、2017年度入試の最終合格者が100名を超えるほど。大阪では、大阪医科大学や関西医科大学、近畿大学などに多くの合格者を輩出しています。

メディックは、志望校のレベルに特化したコースを選べるのが特徴的で、「国公立医学部精鋭コース」「国公立私立医学部選抜コース」「私立医学部コース」の3つに分かれており、目標とする偏差値を目指して効率良く学習を進めることができます。また、すべての授業をDVDでも聴講できる、自分専用の自習机とロッカーが与えられる、などサポート体制も充実。現役生、浪人生ともにオススメできる予備校です。

指導スタイル クラス制・個別指導
2017年度合格者数 98名
費用(高卒生) 入学金:100,000円
国公立私立医学部選抜コース:4,993,400円
Dr.英世のコメント

メディックでは高等進学塾グループで使用している独自の演習を受けることができます。自分の実力を的確に把握し、弱点を対策することで医学部合格の近道を示してくれるのです。神戸大など関西の難関医学部にも実績ありです。

大阪エリアの校舎

所在地 〒543-0055 大阪府大阪市天王寺区悲田院町7-3 大京天王寺ビル6F
アクセス JR天王寺駅北口から徒歩2分
学生寮 有り

大阪を代表する医学部がある大学5校の特徴

大阪大学

旧帝国大学の一つである大阪大学の医学部医学科は常に優秀な人材を輩出し続けている国内トップレベルの医学科です。優秀な臨床医や国内外で活躍する研究者が数多く在籍しており、教員1人あたりの論文発表数と世界的にも有名な科学雑誌への掲載数が全国トップクラス。最高の環境で学べるのが特徴です。そのため、求められる偏差値が73前後とかなり高いです。

医学部は、医学科100名、保健学科160名(看護学80名・放射線技術科学40名・検査技術科学40名)の計260名が定員。医学科では、世界を牽引するようなスペシャリストの医療人の養成、保健学科では、看護学・放射線技術科学・検査技術科学の各分野でのプロの養成を目的に教育を行っています。ハイレベルな環境で実践的に学びたい人のための大学です。

大阪市立大学

関西の国公立大医学部の中でも、比較的自由な校風と立地の良さで知られています。校舎、付属病院ともに新しく、すぐ近くに医学系の本が揃った関係者専用の図書館などの施設も充実しており、学習環境が整っています。定員は医学科95名、看護学科55名の計150名。偏差値は65前後となっています。

教育方針として、「現場での経験を充実させること」を重視しており、医学科では1年次から教養科目と並行して専門知識を学びつつ、早期臨床実習として、実際の病院で医療を体験します。シミュレーション器材を揃えた「スキルスシミュレーションセンター」で、医療現場で必要な実践的な技術トレーニングも行うことができるため、現場を視野に入れた学びが得られます。

関西医科大学

偏差値67前後、定員が117名の医学部で、「人間性豊かな良医の育成」を目的に、教養と専門教育のバランスのとれたカリキュラムが特徴です。1学年から早期体験実習、早期医療実習が始まり、医学の基礎、人間医学の入門編、健康科学や、理数系科目に英語、研究マインド育成プログラムなど、バラエティーに富んだ学習ができます。そこから2学年、3学年に医学の基礎を修得、4学年には臨床講義が始まり、臨床実習に向けての基本的な手技の体得。5学年、6学年には、参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)で実力や医師としての態度、人間性を磨きます。6年次では、学外、海外、他大学での実習にも参加できるので、知識や技術も含めた貴重な経験になるでしょう。スキルと人間性を兼ね備えた医療人を目指せる大学です。

大阪医科大学

大阪医科大学では、グローバルに活躍する医療人の養成に力を入れており、海外との交流も深めているため、教員同士だけでなく学生交流の機会も多く広い視野での学びがあります。偏差値68前後、定員が112名となっています。

教育カリキュラムは、臨床力の育成を重視しており、入学して早々から附属病院での早期体験実習があります。2年次から6年次にかけても全ての学年で実習があり、特に6年次には「選択臨床実習」があり、希望する病院と科を選択することができるので、医師としての方向性を持って実践的に学べます。また、問題解決力を筆頭に、物事の捉え方や考え方、コミュニケーションスキルなど、専門的な知識や技術だけでなく、社会人として求められるスキルも身につくカリキュラムになっているのも魅力の一つです。

近畿大学

近畿大学の医学部は、徹底した少人数制を軸にした「スモール・グループ教育」を導入しています。問題発見と解決能力やコミュニケーション能力を育てる「テュートリアルシステム」に、実際の現場で臨床実習を行う「クリニカル・クラークシップ」を掛け合わせ、教員と学生の距離の近さから生まれる密度の濃い指導によって、自己問題発見と解決力に優れた、確かなコミュニケーションスキルと専門的な知識や技術を持つ医療人の養成を目指して、教育システムを磨き続けています。全学年を通じて、座学が中心の高校までの授業とは全く異なり、考え、調査、発表、実習など、自ら動くことで成長を促すカリキュラムとなっています。定員は115名、偏差値は66前後です。

予備校の寮暮らしで注意したいこととは?

大阪エリアで予備校の寮暮らしを考えている人に、まず注意しておきたいのは、寮暮らしには、向き不向きがあるという点です。

寮暮らしが向いている人は、家にいない方がやる気が出る、本来の目的に沿って真面目に頑張れる、1年くらいは色んな誘惑を我慢できる、ある程度の制約があった方が頑張れる、という特徴があるので、医学部入試に向けて集中して取り組めるでしょう。

ですが向いていない人は、街で遊びたくなる、彼氏彼女が欲しい、門限等のルールに縛られたくない、自分を律することができない、知らない人との共同生活が嫌、といった特徴があり、まず自分との戦いに勝たなければ医学部を勝ち抜けるのは難しいです。特に大阪は賑やかで誘惑が多いですし、予備校も駅近くなのでどうしても遊びたくなります。ですが、寮に入ったのであれば、全ての時間を勉強に費やすくらいの気持ちで取り組まないと予備校に入っても時間を浪費するだけになってしまうでしょう。

予備校の寮暮らしを考えている人は、まずこうした点を理解した上で、寮の周辺環境や食事等のサポートを見て、予備校選びの参考にしてみてください。

PAGE TOP