個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?
HOME/ 個別指導で医学部合格のために知っておくべきこと/ 家庭教師と個別指導の違いとメリットデメリット

家庭教師と個別指導の違いとメリットデメリット

個別指導VS家庭教師

家庭教師での医学部受験

大手から個人経営まで医学部受験対策を行う家庭教師は多いですが、医学部に特化した指導スキルを持っていない家庭教師も多いもの。医学部を目指すのですから、医学部に特化した講師に教えていただきたいところですよね。しかしセンター試験の必須科目を幅広く教えることを得意としている家庭教師が多いため、「結果的に全体的な学力はあがったが、医学部の傾向が分からずに落ちてしまった」という声も少なくありません。家庭教師を雇う場合は事前に医学部受験に対応できる家庭教師なのか確認しましょう。

家庭教師のメリット

家庭教師は自宅で勉強を教えてもらえるので、予備校や学習塾が周辺にない方でも利用できる事が最大のメリットでしょう。自宅から遠いと十分な学習時間の確保が難しいですからね。自宅で勉強できるため生活のペースを崩さずに勉強できることも魅力。生徒と講師、1対1での学習が基本なので勉強に集中して取り組むことが可能です。また勉強中に疑問に感じたことをすぐ質問できるので、自分の苦手を克服しやすい点もメリットにあげられます。

家庭教師のデメリット

家庭教師は個別指導よりも高額になる場合が多いです。学生のアルバイト講師も多い家庭教師。医学部を目指す場合は教える側のスキルが高くなければ意味がないため、アルバイト講師からの指導に不安を持つ人も。個別指導の場合、講師がお休みでも他の講師が授業を行えますが、家庭教師が休みの場合は自己学習が必要になります。個人で行っている家庭教師の場合、個別指導より入試の情報収集力が劣ってしまうという問題も。中には、高額な教材を販売する悪質な会社も存在するようです。

こんな人には家庭教師がおすすめ

特定の強化のみ学びたい人には、家庭教師がおすすめです。自分が苦手な教科を集中的に勉強したい方は、自分の理解度によって勉強を変えることができるので自身のペースで学習することができます。疑問をすぐ講師に聞けるため、分からない点をすぐに解決したいという考えの人にも向いているでしょう。周辺に学習塾や予備校がない場合、遠方の塾まで行く手間を省くことができるので学習時間を伸ばすことができます。

家庭教師に向かない人

家庭教師が休みの時は自己学習を中心に行わなければならないので、自己管理が苦手な方は家庭教師には向いていないでしょう。家庭教師は一度決定したら担当教師を変更するのが難しいため、講師との相性を重視する人は融通が利きやすい個別指導を選択するのがおすすめ。金銭面を重視している方も、家庭教師よりもリーズナブルな授業料で学べる個別指導が向いているでしょう。

PAGE TOP