個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?
HOME/ 個別指導で医学部合格のために知っておくべきこと/ 少人数制と個別指導の違いとメリットデメリット

少人数制と個別指導の違いとメリットデメリット

個別指導VS少人数制

少人数制授業とは

少人数制教室は10人前後の生徒で授業をおこないます。集団授業と比べて少ない人数で授業ができるので、より充実した授業を受けることが可能です。「しっかり学びたいけど個別は苦手」という人に人気のよう。クラス編成は生徒の学力が偏らないように組まれることが多く、競争心を養うことができます。個別指導に比べてプロの講師が多いため、より専門的な学習ができます。また、費用は個人指導と比較すると比較的安価に設定されているところがほとんどです。

少人数制授業のメリット

少人数制授業のメリットとして、学力が同レベルの生徒と勉学に励むことができる点があげられます。複数の生徒と授業をおこなえるので、競争心を身につけ互いに切磋琢磨することができます。個別指導は先生と生徒1対1で行うので、他人と比較する機会が殆どありません。少人数制は授業の管理が徹底されているので、自己管理が苦手な方でも勉強しやすい環境。個別指導と比べてプロの講師が多いというや費用も個別指導と比べ、安価な予備校が多いこともあげられます。

少人数制授業のデメリット

少人数制授業は個別指導と比べて密な勉強ができないデメリットがあります。学力が合う生徒同士で授業が受けられますが、自分のペースに合った勉強ができません。他の生徒と一緒に授業をおこなうので、質問などで授業が止まる可能性もあります。1日2日休んでしまうだけで授業についていくことが難しくなることもあり、じっくり取り組みたい方には向いていないでしょう。講師によって当たりはずれがあるので、個人の理解度によって差が出てしまいます。

こんな人には少人数制授業がおすすめ

同程度の学力を持つライバルと切磋琢磨していきたいと考えている方、競争心を養いたい、自分と他人との差を知りたいと考えている方におすすめです。生徒同士での情報共有も行えるので、他人と比較して自分のレベルを把握することができます。「勉強はしたいけど自己管理は苦手」という方にも向いていると言えるでしょう。個別指導より価格が安いので金銭面を重視している方は要チェック。実際にどれぐらいの差があるのか確認してみるのもアリですよ。

少人数制授業に向かない人

医学部受験は通常の受験より難易度が高く、自分の学力に合った勉強をしなければなりません。少人数制授業は学習のペースが決まっているため、自分の理解度に合わせた授業を設定できません。自分のペースで学習したい方には個別指導がおすすめ。また、緊張感をもって勉学に励みたい方、他人の成績と比較されずに勉強したいと考えている方にも向いていないといえます。
少人数制と個別指導。それぞれのメリット・デメリットをよく考えたうえで自身に合う方法を選びましょう。

PAGE TOP