個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?

東京医進学院

現役指導専門の医学部受験対策予備校、東京医進学院の特徴や評判の声をまとめました。

1. まずは東京医進学院の費用をチェック!

年間の費用を以下にまとめました。

高卒生

東京医進学院は、入学時に学力を計る選抜試験を行い、その結果に合わせてカリキュラムを決めているため、生徒の学力レベルによって授業料が大きく変わってきます。

高卒生コース(通学制)

このコースは、少人数制の授業で合格を目指す最もベーシックなコースです。

入学金 216,000円
教材費 216,000円
施設・管理費 216,000円
授業料 医学部進学課程SS:1,296,000円/年
医学部進学課程選抜S:1,944,000円/年
医学部進学課程選抜A:2,484,000円/年

各進学過程の年間合計

医学部進学課程SS 1,944,000円(税込)
医学部進学課程選抜S 2,592,000円(税込)
医学部進学課程選抜A 3,132,000円(税込)

授業料には、通常授業(2040分/週)・単科模試(毎週4科目)・東医進 私立医系大総合模試(年5回)・小テスト・夏期講習・冬期講習・入試直前講習(合宿を除く)が含まれています。

高卒生コース(全寮制)

医学部専門、完全一体型全寮制で徹底的に合格を目指すコースです。寮生と近隣からの通学生で金額が変わります。

寮生

入学金 540,000円
入寮費 1,080,000円
教材費 216,000円
施設・管理費 男子1,836,000円、女子2,052,000円
授業料 医学部進学課程SS:1,728,000円/年
医学部進学課程選抜S:2,592,000円/年
医学部進学課程選抜A:3,132,000円/年

各進学過程の年間合計

医学部進学課程SS 男子5,400,000円(税込)、女子5,616,000円(税込)
医学部進学課程選抜S 男子6,264,000円(税込)、女子6,480,000円(税込)
医学部進学課程選抜A 男子6,804,000円(税込)、女子7,020,000円(税込)

施設・管理費には、在寮中の食費(日曜日・特定日を除く、1日3食)が含まれています。また、女子寮の電気・水道(メーター各室設置)は各自負担となるので注意です。

通学生

入学金 216,000円
教材費 216,000円
施設・管理費 756,000円
授業料 医学部進学課程SS:1,728,000円/年
医学部進学課程選抜S:2,592,000円/年
医学部進学課程選抜A:3,132,000円/年

各進学過程の年間合計

医学部進学課程SS 2,916,000円(税込)
医学部進学課程選抜S 3,780,000円(税込)
医学部進学課程選抜A 4,320,000円(税込)

施設・管理費には、昼・夕食代が含まれています。朝食付きの場合は864,000円(税抜)となります。

寮生・通学生ともに、授業料の中には、通常授業(2040分/週)・夜間選択講座・単科模試(毎週4科目)・東医進私立医系大総合模試(年5回)・小テスト・夏期講習・冬期講習・入試直前講習(合宿を除く)が含まれています。

このコースは上記の費用とは別に、損壊補償費用・校外模試費用などで100,000円必要になりますが、残金は翌年3月末に精算して返金してもらえます。

特進コース

通い合宿のイメージで朝から晩までガッツリ取り組むコースです。

入学金 216,000円
教材費 216,000円
施設・管理費 540,000円
授業料 医学部進学課程SS:1,944,000円/年
医学部進学課程選抜S:2,808,000円/年
医学部進学課程選抜A:3,240,000円/年

各進学過程の年間合計

医学部進学課程SS 2,916,000円(税込)
医学部進学課程選抜S 3,780,000円(税込)
医学部進学課程選抜A 4,212,000円(税込)

授業料には、通常授業(2040分/週)・復習タイム・単科模試(毎週4科目)・東医進 私立医系大総合模試(年5回)・小テスト・夏期講習・冬期講習・入試直前講習(合宿を除く)が含まれています。

また、施設・管理費には、昼食代(通常授業及び講習中の月~金)が含まれています。

高卒生コース(通学制・全寮制)、特進コースの各進学過程には、上記のコースとは別に「医学部進学課程特待」という特待生コースがあります。このコースの学費に関しては、1次合格の有無・選抜試験結果・面接によって決定されるため、詳細は問い合わせが必要となります。

個別指導コース(通学制)

1対1の完全個別指導で学習できるコースです。「完全個別指導コース(市ヶ谷校のみ)」と他の塾と併用できる「個別指導パック」の2つのプランから選べます。

完全個別指導コース

入学金 216,000円
教材費 216,000円
施設・管理費 216,000円
授業料 4,590,000円/500コマ(1コマ1時間)
年間合計 5,238,000円(税込)

授業料には、単科模試(毎週4科目)・東医進私立医系大総合模試(年5回)が含まれています。授業を追加したい場合は、1コマ9,180円で追加できます。

個別指導パック

10コマ単位で随時申し込みができます。

入会金 54,000円
授業料 10コマ以上:12,960円/1コマ(60分)
50コマ以上:12,420円/1コマ(60分)
100コマ以上:11,880円/1コマ(60分)

年間合計の例

10コマ受講 129,600円(税込)
50コマ受講 621,000円(税込)
100コマ受講 1,188,000円(税込)

現役生

現役生コース

1コマ90分の完全個別指導コースです。週に何回通うかで月間の授業料が異なります。以下の授業料は、週1回と週3回の場合です。

入学金 54,000円
授業料 中学生・高1生:週1回の受講の場合51,840円(税込)/月
週3回の受講の場合129,600円(税込)/月
高2生:週1回の受講の場合56,700円(税込)/月
週3回の受講の場合149,040円(税込)/月
高3生:週1回の受講の場合67,392円(税込)/月
週3回の受講の場合168,480円(税込)/月

教材費・校舎維持費は別途必要になるので注意です。

現役生コースでは、オプションのコースも充実しています。定期テスト対策コース・週末"必勝"コース・通信添削コース・推薦入試対策ゼミ・期別講習・合宿・2次試験対策など、自分の学力や状況に合わせて選ぶことができます。オプションコースを選ぶ場合は、別途授業料等が必要になります。

現役生コースの年間費用については、学年や受講する回数・月数、オプションコースの利用等により個々で大きく変わるため、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

2. 東京医進学院の医学部受験指導

Dr.英世東京医進学院は、医学部受験指導を専門とする予備校です。37年の歴史があり、ノウハウの積み重ねによる丁寧な指導が特徴です。朝9時から夜11まで講師が学院に待機しているので、いつでも質問・相談することができます。また、集団授業でありながらオーダーメイドのカリキュラムが組めるという魅力も。学習の進捗管理を任せられるのは嬉しいですね。

2-1. 東京医進学院の授業の特徴

少人数制クラスによる綿密な指導

東京医進学院は、基本的には少人数制での集団授業を中心に行っています。

授業は同学院でもっとも実績や実力に定評のある講師陣が担当をしてくれます。まさにこれこそ、東京医進学院の魅力といえるのではないでしょうか。

現役・浪人それぞれに合わせたコース

東京医進学院のコースは、現役指導館と高卒生コースに分かれています。

現役指導館は、個別指導のコーチ・アルティメットと、集団授業のクラス・ハイグレードの2つの授業があります。

お盆と年末年始に合宿を行ったり、推薦入試対策、定期テスト対策など、現役受験生のニーズに合わせた細かいコースが用意されています。

浪人生向けのコースは、10名前後の少人数制。わからないところをもう一度解説してもらうこともできるので、疑問や不安をしっかり解決して授業を終えることができます。

この浪人生向けの特進コースは、合宿スタイルのスケジュールを通学制で実現するという徹底的な指導です。毎日講義を行った後、復習タイムを設けてその日学んだことを確実に血肉にすることができます。

2-2. 東京医進学院の学習環境・サポート体制

朝9時から夜11まで質問できる!

学校には、なんと朝9時から夜11時まで講師陣が待機。いつでもわからないところを質問したり、相談に乗ってもらうことができます。疑問をその場ですぐに解決できるというのは大きいですね。

学習の進捗管理を任せられる

東京医進学院は、集団授業でありながらオーダーメイドのカリキュラムを組むことができます。科目だけでなく、分野別にクラスを選ぶことができるので、苦手なところは基礎クラス、得意なところは上級クラスの講義を受けることも可能なのです。

こういった得意・不得意分野の学習の進捗を管理してくれるので、生徒は自分のカリキュラムにしたがって勉強することで力をつけることができます。

医学部専門、完全一体型全寮制の三鷹校

静かで落ち着いた住宅街に位置し、校舎と学生寮が一体化している三鷹校の魅力は、通学の楽さと生活面でのフルサポートです。通学に関しては徒歩0分なので、手間も時間も全て勉強に充てることができます。

受験勉強を支える生活面でのサポートも完璧です。食事面では、管理栄養士によるバランスの良い食事が1日3食提供されます。寮の設備面も充実。オートロックや防犯カメラなどのセキュリティに、お風呂やトイレはもちろん、ベッドや机・エアコンなど生活する上で必要なものが完備されているので、不自由なく勉強に集中できる環境になっています。

一体型の全寮制だからこそ、常に身近で頑張る仲間の存在が励みになりますし、講師のサポートをいつでも受けることができます。ここまで勉強に集中できる環境は、全寮制だからこそです。

3. 東京医進学院の合格実績

2017年度医学部合格実績 合格者総数は非公表
帝京大学11名、杏林大学5名、群馬大学1名、東邦大学2名、北里大学2名、岩手医科大学9名、埼玉医科大学7名など

4. 東京医進学院の個別指導

少人数制クラスによる綿密な指導が強みの東京医進学院ですが、個別指導も実施しています。用意されているのは講師と生徒が完全マンツーマンで授業を進めていく「個人指導コース」と特定の教科を徹底して学びたい生徒に向けた「目的別個別指導パック」の2パターン。

個別指導コースはオーダーメイドのカリキュラムを使用した完全個別授業ながら、通学制と変わらないサポート体制が受けられます。「東京医進学院の授業についていけないかもしれない…」という不安を持っている方に特におすすめのコースです。マンツーマンで基礎からしっかり指導してもらえます。

目的別個別指導パックは他の予備校に通っていても利用可能。国語や社会などの科目にも対応しているので、「他予備校で医学部受験科目を学びながら東京医進学院でセンター対策用の科目を学習する」ということもできます。

個別指導パックをしばらく受講したあと、東京医進学院の指導法が気に入ったら年度途中からでも入学できるのでお試しコースとして個人指導パックを利用してもよさそうですね。

5. 東京医進学院の口コミ・評判

成績に関する口コミ

  • クラスを2チームに分けて、競い合いながら問題を解くのが面白かったです。回答がチームによって違い、自分とは違う視点で問題を見ることができたので参考になりました。
  • 週に1回、1週間のまとめのテストを実施しています。このテストで理解度を確かめることができるので、着実に学力が上がります。
  • 夏と冬に実施する合宿がハードですが、乗り越えられるとかなり自信と学力がつきます。

カリキュラムに関する口コミ

  • 夏までに全ての科目の全範囲が終わります。秋から実践的な演習に集中できるので、カリキュラムの内容は最適だと思います。

設備に関する口コミ

  • 落ち着いた環境の中に校舎があるので集中できます。校舎内も清掃が行き届いていて快適でした。開放的なので講師に質問しに行きやすかったですね。

費用に関する口コミ

  • 合宿の料金を含めると費用は高めですが、医学部専門ということと環境の良さを考えると、平均的な料金設定だと思います。

講師に関する口コミ

  • 苦手な英語の克服のために、日々先生が叱咤激励をしてくれました。毎回課題を出してくださり、しかも何度も同じ課題が出るので、積み重ねによる実力の向上を実感することができました。現役のときより偏差値が30も上がり、無事合格できました。
  • ここを見学したとき、講師と生徒の距離が近いと感じたことが決め手で入学しました。講師室に入りやすい環境で、いつでも気軽に質問できるのがよかったです。
  • 気配りや雰囲気がすごく良くて、本当に優しい講師ばかりでした。空気が和やかで、余計なストレスは一切感じません。勉強以外でも、悩みを丁寧に聞いて相談にのってくれたり、モチベーションの面でもサポートしてもらえたり、人として尊敬できる方ばかりでした。

個別指導でおすすめの医学部予備校3選はこちら≫≫

6. 東京医進学院の基本情報

指導のタイプ クラス制、個別制
学費 高卒生
  • 全寮制5,400,000円~、通学制2,916,000円~
現役生
  • 入学金月54,000円、週2回40,000円~
校舎の所在地 市ヶ谷校
  • 東京都新宿区市谷八幡町2-1 7階
  • 各線市ヶ谷駅より徒歩3分
三鷹校
  • 東京都武蔵野市西久保2-16-19
  • 三鷹駅北口より徒歩13分
PAGE TOP