個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?
HOME/ 先輩に聞く!医学部の合格体験記/ 社会人の医学部再受験で合格した生徒の体験記

社会人の医学部再受験で合格した生徒の体験記

社会人生活を経て、医学部再受験をして見事合格した方の体験談をご紹介します。

社会人生活からの再受験!医学部再受験での合格体験談

医学部は、一度社会人になった方、大学を卒業した方が再受験することも少なくないのが特徴。一度は諦めた医師の道を、もう一度目指してみたいという方はたくさんいらっしゃいます。

社会人でありながら、予備校に通って勉強することで医学部に合格できる力をつけ、試験を突破することは不可能ではありません。そんな医学部再受験をされた方の体験談を集めてみました。

再受験2年目、予備校を利用して見事合格!

私は一度別の大学へ進学し、卒業をしました。しかし医師になる夢を捨てきれず、医学部再受験をすることにしました。

最初の1年目は、自宅で勉強をしていました。大学受験を一度は乗り切っているので独学でもできると思っていましたが、残念ながら不合格。2年目からは予備校へ通うことにしました。

予備校では、自分の得意や不得意をきちんと指摘していただけて、得意分野の活かし方や不得意分野の克服法を相談しながら学習できました。一人で勉強するのは精神的に不安で辛かったし、何より予備校では勉強だけでなく人としての在り方を教わった気がします。

文系大学からの医学部受験への挑戦!

もともと高校では文系だったので、そのまま大学の法学部を受験し、進学しました。ところが、大学3年になって、医師になりたいという夢ができてしまいました。医師以外になりたい職業がなく、法曹の道にも興味がなくなってしまいました。しかし、すべてを捨てて医師の道を目指すこともできず、地元の大企業に就職を決めてしまいました。

3年間会社勤めをしましたが、医師になりたいという気持ちは強くなるばかり。周りが背中を押してくれたこともあり、医学部受験を決めました。

ところが、医学部受験を決めて最初に受けた物理のテストの点数はなんと6点。理数系が不得意すぎて、最初の試験は散々な結果で不合格。

時間がかかるとはわかっていましたが、基礎からじっくりと理系科目の勉強をしました。とにかく時間はかかりましたが、一貫して基礎から標準レベルの問題を解きまくり、解ける問題を確実に解く練習をしました。その努力が実って、4回目のチャレンジで医学部受験を成功させることができました。

震災をきっかけに医学部再受験を決意

高校を卒業したあと、普通大学に進学して外資系企業に就職しました。父が医師だったことや、東日本大震災での医療の現場での医師の大切さを目の当たりにして、再受験を決意しました。

30歳を目前にしての再受験で、中途半端な時期だったこともあり、1年半の宅浪生活を経て受験。しかし、2次試験で落ちてしまいました。

2年目からは、医学部専門の予備校に通いました。勉強したものの定着が遅く、なかなか難しいな…と思ってしまったのも事実。でも、同じ課題を何度も解き直すカリキュラムのおかげで、しっかり身についたと思います。予備校で教えてもらえる勉強はとても質の高いものでしたので、それを如何に自分のものにできるかが重要だと感じました。復習に重点を置いたので、得意科目ができ、そこを取りこぼさなくなってきたことで合格できたのだと思います。

PAGE TOP