個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?
HOME/ 【レベル別】医学部入試の傾向と対策

【レベル別】医学部入試の傾向と対策

レベル別、国公立・私立別に、医学部入試の傾向と対策をご紹介しています。

レベル別に見る、医学部入試の傾向と対策

ここでは、代表的な大学の医学部の入試について、それぞれの傾向と対策を解説しています。国公立と私立、そしてレベル別に大学を分類し、それぞれのレベルを代表する大学を取り上げています。

各大学の入試については、教科ごとに出題範囲や難易度の傾向を分析。どのような方針での学習が有効か、概要を掲載しています。ぜひ入試対策の参考にしてみてください。

【最難関】国公立大学の傾向と対策

東大、京大、大阪大という3つの最難関国公立大の医学部入試の傾向を分析。圧倒的に難易度が高く、計画的な学習が必要です。

>>最難関国公立大学の入試の傾向と対策

【最難関】私立大学の傾向と対策

私立大学の中で、最難関とされるのが慶応義塾大学。偏差値を見ても国公立にひけをとらず、非常に難しい入試となっています。

>>最難関国公立大学の入試の傾向と対策

【難関】国公立大学の傾向と対策

東大、京大、阪大には及ばないものの、難関大学とされるのが東京医科歯科大、東北大、名古屋大、千葉大、九州大。特に地方の大学は旧制医大と呼ばれるものを含み、優秀な大学とされています。

>>難関国公立大学の入試の傾向と対策

【難関】私立大学の傾向と対策

慶応義塾大に次ぐ私立大が、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、昭和大学、そして日本医科大学。私立医大の名門とされ、必然的に試験の難易度は高いとされています。

>>難関私立大学の入試の傾向と対策

【中堅】国公立大学の傾向と対策

中堅レベルの国公立大学、北海道大学、神戸大学、筑波大学、広島大学、岡山大学、大阪市立大学、山梨大学の入試の傾向と対策をまとめています。

>>中堅国公立大学の入試の傾向と対策

【中堅】私立大学の傾向と対策

中堅ランクに位置づけられる、自治医科大学、大阪医科大学、関西医科大学の入試の傾向と対策をまとめています。

>>中堅私立大学の入試の傾向と対策

PAGE TOP