個別指導で学力アップ!最短ルートで医学部合格を目指せる予備校とは

医学部受験専門×個別指導の予備校で総合得点が最も高いのは・・・?

メディカルラボ

個別カリキュラムで、苦手なところから徹底的に積み上げて医学部合格を目指す、メディカルラボの特徴をまとめています。

1. まずはメディカルラボの費用をチェック!

高卒生

入学金 100,000円
個別カリキュラム管理費 528,000円/年
授業料 4,422,000円/年

年間合計:5,050,000円

授業料は150分×10コマ/1週間を受けた場合のものです。特別講習などは別途費用がかかります。授業の回数は増やすことができますが、こちらも別途費用がかかる形になります。

現役生

入学金 100,000円
個別カリキュラム管理費 個別カリキュラム管理費:132,000円/1科目・1年間
4科目以上は528,000円(定額)
授業料 授業料:517,000円/1科目・1年間(高3生)
※高1・2生は3学期制のため、728,500円/1科目・1年間

年間合計:749,000円(高3生・1科目)

年間合計:1,398,000円(高3生・2科目)

年間合計:2,047,000円(高3生・3科目)

こちらも期間特別講習などは別途費用がかかります。

この学費に対しては、他と比較すると高いという声もちらほら見受けられますが、指導体制や合格実績を考えればコスパは悪くないという声も。それでは、メディカルラボの指導体制がどのようになっているかなど、その特徴を見ていくことにします。

2. 医学部専門予備校合格者数NO.1の指導力!メディカルラボとは

Dr.英世2020年度の合格者実績1,213名を誇る医学部専門予備校・メディカルラボ。校舎は北海道から九州まで、全国に展開しております。業界トップレベルの指導力を持つ医学部受験のスペシャリストによる完全個別指導で、学力の底上げを徹底的にサポート。生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムを組み、“全授業完全理解”を目指す授業を行うわけであります。

メディカルラボの春期講習

    • 2021年度春期講習開催日程詳細記載なし
    • ※各校舎の学校説明会にて解説があります

    2-1. メディカルラボの授業の特徴

    プロ講師による1対1のプライベート授業

    メディカルラボでは、1対1の完全個別指導を採用。つねに個別ブースでプライベート授業がとり行われるわけですから、「その生徒がどんな説明をすればわかりやすいのか」「何が得意で何が苦手なのか」「授業の内容を理解できているか」…など、生徒の個性をしっかり見極めながら授業をしてくれるのです。

    授業はすべて、予備校の第一線で活躍する経験豊かなプロ講師が担当。生徒一人ひとりの学力・性格・苦手(得意)分野を把握した上で、志望大学の出題傾向や特徴に合わせた戦略的な授業をしてくれるわけであります。

    授業から宿題、チェックテストに校内模試の4ステップで、授業後の「わかったつもり」を見逃さず、確実に授業内容を定着させるシステムも、期待できる所以であります。

    生徒一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドカリキュラム

    完全個別指導だからこそ実現できるのが、生徒一人ひとりのために作ってくれる個別カリキュラム。入学時に受ける判定テストや個人面談から、医学部合格までに必要な戦略を立て、志望校の合格最低ラインを確実に超える力をつける指導をしてくれます。

    メディカルラボのカリキュラムの最大の強みは、入試で合格点を取る力を効率よく身に付ける、というもの。志望校の過去問を徹底分析したデータをもとに、生徒一人ひとりに最適な方法で、効率よく勉強を積み重ねていくことができるわけであります。

    苦手な教科であれば、(必要と判断すれば)中学校レベルまで戻って指導することも可能。あるいは、「解答スピードが遅い」「英作文が苦手」「数学が得意」など生徒の得意・不得意に合わせた受験校の戦略的決定を行う、マッチング指導もあります。

    2-2. メディカルラボの学習環境・サポート体制

    一人の生徒に個別担任制&講師7人チーム体制

    メディカルラボでは、生徒一人ひとりに担任が割り当てられ、生徒や保護者を合格までフォローアップ。毎月の生徒面談や学期ごとの保護者面談、定期的な講義報告書…など、安心の体制を敷いています。生徒の得意・不得意や学習の習熟度に合わせて、個別カリキュラムの修正や志望校選定の協力なども、担任が対応してくれるのであります。

    メディカルラボは講師どうしの連携が強いのも特徴のひとつ。教科別に専門の講師がチーム体制をつくり、志望校の合格点をクリアするために学習バランスを調整。「数学の宿題が多すぎて、ほかの勉強ができない」といったトラブルも、生徒の勉強のペースを把握している担任の先生が調整を行うわけです。

    医学部受験に特化した圧倒的な情報量

    メディカルラボには、これまで何千人もの生徒を医学部に送り込んできた予備校だからこその知見があります。書籍や受験情報誌の出版や、生徒や保護者向けに医系大学の情報を掲載した「メディカルラボ通信」を発刊・配布。また医系大学の入試担当者を招く「大学入試説明会」も実施しています。

    定期的に行う講演会やセミナーでは、「医学部の入試動向」「合格するための勉強法」「面接・小論文対策の方法」「保護者の役割」など、さまざまなテーマを扱い、メディカルラボ内外から大きな反響を呼んでいるのであります。

    医学部合格のために練られた受験戦略

    メディカルラボでは、「合計点主義」と「重点校対策」を掲げて受験対策に取り組んでいます。医学部に合格することを目標とし、生徒の学力を見て最低点でも合格できる志望校をマッチングしてくれます。大学の解答形式や配点にあわせ、生徒が最も合格に近いと思われる学校を探してくれるのです。

    受験校が決まったら、その大学の傾向を調べ尽した上で対策をします。頻出分野に的を絞って対策をし、実際に本番を意識した環境で演習。受験までの限られた時間の中で、最大限成長させられるように生徒と受験校にあわせた対策が用意されているのです。

    年中無休で使用できる個別ブースの自習室

    メディカルラボにある自習室は、全て個別ブース。生徒が集中できる環境となっており、朝は9時から夜は10時まで利用することが可能です。静かで集中しやすい環境であるとの声もあります。

    自習のあいだも講師の先生に質問が可能な上、質問専任チューターも各校舎に配置されています。生徒と年の近い現役の学生が中心で、学習のことだけでなくいろんな相談に乗ってもらえることも。疑問がすぐに解決できる環境は、生徒さんにとっては嬉しいですね。

    2-3. メディカルラボのプロ講師陣

    英語:佐分篤史先生

    偏差値50を切っていた生徒でも医学部合格に導いたという佐分先生。「なんとなく訳す」など曖昧な部分をなくし、文法というルールの基本から学び直させてくれます。他にも長文問題を早く解き進めるテクニックなど、医学部受験を意識した対策をしてくれる、英語のレベルアップに期待できるプロ講師です。

    数学:河出匡央 先生

    生徒ひとりひとりの問題点を洗い出し、実力を底上げしてくれると評判。おさえるべき標準問題だけでなく、少し難易度が高い問題も丁寧な指導でモチベーションも上げてくれる講師です。

    生物:可児良友先生

    「医学部合格必勝方程式」という本の著者でもある可児先生。ポイントとして挙げるのは「焦点を絞り、広く・深く」。苦手な方には全範囲を基礎から網羅した上で、頻出分野や志望校の傾向、さらには最新医学のトレンドなどを汲んだ対策をしてくれます。生徒の苦手分野も把握してくれるので、ピンポイントでの指導も売りですね。

    化学:林浩介先生

    ついつい暗記量の多さに目の行きがちな化学。そんな化学で、想像力を駆使して理解することが重要だと解くのが林先生。化学の攻略に必要なのは「基礎的知識」「標準的計算力」「化学的思考力」。そんな能力を伸ばすために、楽しく化学を理解するためのサポートをしてくれるようです。

    物理:水嶋克仁先生

    物理の水嶋先生は、難しいイメージのある物理を生徒とのコミュニケーションの中でときほぐしてくれます。1対1で討論をすることで、理解を深めてもらうのが目的。このコミュニケーションのおかげで、苦手だった物理が得意に感じるようになったという生徒もいるんだとか。実は得点しやすいという物理。理屈を理解するために熱く指導してくれるプロ講師と呼べるでしょう。

    3. メディカルラボの合格実績

    2020年度医学部合格実績 1,213名
    国公立大学 旭川医科大学 2 名札幌医科大学 1 名弘前大学 3 名福島県立医科大学 2 名筑波大学 3 名群馬大学 3 名防衛医科大学校 6 名千葉大学 3 名東京大学 1 名東京医科歯科大学 1 名新潟大学 3 名富山大学 2 名福井大学 3 名山梨大学 1 名信州大学 5 名岐阜大学 6 名浜松医科大学 6 名名古屋市立大学 7 名名古屋大学 3 名三重大学 3 名滋賀医科大学 1 名京都府立医科大学 1 名大阪大学 1 名大阪市立大学 1 名神戸大学 2 名奈良県立医科大学 3 名和歌山県立医科大学 4 名鳥取大学 3 名島根大学 1 名広島大学 2 名山口大学 3 名徳島大学 2 名香川大学 3 名愛媛大学 10 名高知大学 7 名佐賀大学 2 名長崎大学 6 名熊本大学 2 名大分大学 3 名宮崎大学 4 名鹿児島大学 5 名琉球大学 2 名
    私立大学 岩手医科大学 35 名東北医科薬科大学 10 名獨協医科大学 22 名埼玉医科大学 27 名国際医療福祉大学 35 名杏林大学 35 名慶應義塾大学 4 名順天堂大学 16 名昭和大学 26 名帝京大学 38 名東京医科大学 16 名東京慈恵会医科大学 14 名東京女子医科大学 20 名東邦大学 23 名日本大学 22 名日本医科大学 18 名北里大学 37 名聖マリアンナ医科大学 37 名東海大学 25 名金沢医科大学 58 名愛知医科大学 69 名藤田医科大学 50 名大阪医科大学 20 名関西医科大学 29 名近畿大学 31 名兵庫医科大学 39 名川崎医科大学 43 名久留米大学 33 名産業医科大学 8 名福岡大学 32 名

    4. メディカルラボの授業の流れ

    メディカルラボではすべての講義が個別指導。生徒一人ひとりの学力や志望校に合わせて行われる完全プライべート授業です。

    メディカルラボは1回の授業を150分に設定しており、内訳は50分の講義、50分の演習、そしてまた50分の講義です。まずは講師の授業を聞くことで学び、次に学んだことを演習で実践します。そして演習で解いた問題を講師が詳しく解説するのを聞くことで知識が完全に定着。表面的でない、深い知識が獲得できるのです。

    メディカルラボでは「身に付けた知識も入試本番で使いこなせなければ意味がない」という考えのもと、宿題で授業内容を復習させます。さらに単元が終了するごとにチェックテストを実施。解けなかった問題を振り返り学習し、徹底的に知識と記憶の穴を無くしていくのです。

    個別指導を担当するのは予備校講師として一流の技術を有するエキスパートばかり。医系受験には特に精通しており、医学部受験科目の深い理解を促してくれます。

    1対1だからこそ細やかな対応ができる個別指導のメリットを最大限に活かした学習プログラムがメディカルラボの魅力だと言えます。

    メディカルラボの個別カリキュラム一例

    具体的に、メディカルラボではどんな個別カリキュラムが組まれているのでしょうか。ここではメディカルラボの個別カリキュラムの一例を紹介します。

    1週間のスケジュール

    月曜日 数学(1対1)、化学(演習)、小テスト×2
    火曜日 生物(1対1)、英語(1対1)、小テスト、定着確認テスト
    水曜日 数学(1対1)、小テスト、宿題学習
    木曜日 数学(1対1)、英語(1対1)、小テスト、定着確認テスト
    金曜日 生物(演習)、化学(演習)、小テスト×2
    土曜日 英語(1対1)、小テスト、宿題学習

    この生徒さんは数学が苦手だったため、週3回の数学個別指導が用意されていました。授業のない日でも、数学の小テストが課せられていて確実に成績を伸ばせるカリキュラムに。そのほか、英語にも力を入れているようでした。

    1年間のスケジュール

    英語 前期には、基礎に戻り文法の理解から長文問題を解くよう意識づけ。入試でよく出る形式に慣れつつ、基礎を固めます。後期には、読解にも応用力を身につけつつ入試レベルの演習を重ねます。直前には本番を意識して過去問にあたり、英語に自信が湧くように。
    数学 前期は基礎や公式の体系的な習得を目指します。夏までの期間でテキストを2周し、応用レベルの問題まで解きこなせるように着実に力を身につけました。後期からは、頻出問題を解くことに慣れるようにし、直前には志望校にあわせた記述式の対策を行います。
    化学 基礎的な部分の定着は見られていたので、標準的な用語・実験などを学びつつ論理的思考を養っていきます。後期には基礎問題から解答力を上げることを目標とし、演習中心に。見たことのある問題は間違えないよう、満点を目指して復習を徹底します。
    生物 用語や法則といった基礎的な部分を復習しつつ、解法を定着させることで基礎・応用までを網羅。後期には前期で身につけた部分を反復し、問題を解く能力を伸ばします。小テストを定期的に行いつつ、記述式の対策を進め志望校合格への足固めとします。

    この個別カリキュラムを受けた生徒さんは、半年で偏差値を15伸ばし志望校への合格を果たしたそうです。苦手科目は基礎から徹底的に、得意科目はさらに得点を伸ばせるよう問題の解答力や志望校の傾向にフォーカスした対策で、対策は万全ですね。

    5. メディカルラボの口コミ・評判

    成績に関する口コミ

    • マンツーマンの指導なので、問題や対策が明確になりました。医療系専門だったので、志望校の対策をかなり詳しく教えていただけたのもよかったです。
    • やる気を向上させてくれる指導があって、計画的に勉強を進めることができました。自習用のスペースがきちんとあるので、自主的な勉強も積極的に続けられました。

    カリキュラムに関する口コミ

    • 浪人だろうと、基本的なところからでも指導してくれました。夏期講習なども進捗に応じてカリキュラムを組んでくれたのが良かったです。
    • 塾として特別な教材があるわけではなく、先生が生徒に合わせて指導をしているようでした。そのような塾は他になかったと思います。
    • 個別指導が自分に合わせて進んでいくので、徐々に指導を受けるのを楽しむことができました。

    設備に関する口コミ

    • 新しい設備で、清潔な印象でした。雑音なども気にならず、勉強に集中できる環境です。
    • 自習室のキャパがもう少し広ければと思いますが、防音もしっかりしているので集中できます。

    費用に関する口コミ

    • 率直に高いです。ただ、医学部合格という結果、一緒に高めあえる仲間と出会ったことを考えれば、十分にもとがとれる額だったと思います。
    • 同じような医学部専門の塾に比べれば安かったのではないでしょうか。
    • もっと高いと想像していたので、意外と安かった印象です。コストパフォーマンスで見れば問題ないです。

    講師に関する口コミ

    • 苦手な科目や分野への対応がきちんとしていました。志望校の過去問対策とあわせて、苦手なところを繰り返し指導してくれました。面接の準備や小論文の練習も非常に勉強になりました。
    • 熱心に指導してくれました。学力にも合わせて指導してくれるので、内容も分かりやすくてよかったです。
    • 個別なので質問がしやすかったと思います。先生も生徒のことを理解しようとしてくれて、自分に合わせた指導をしてくれているようでした。
    • 学力の向上はもちろんのこと、モチベーションも維持してもらえました。苦手な分野でも根気よく教えてもらうことができ、効果てきめんでした。

    保護者からの口コミ

    • 娘がメディカルラボに通うようになってから、変化が見られました。医師を目指す意志が強くなったこと、効率的に学ぶにはどのようにしたらいいか考えるようになったこと、高めあう仲間ができたことです。モチベーションを自分で維持できるようになり、時間管理を徹底する中で自ら学習を進める。さらには仲間に精神的に助けられることもあり、合格できたと思います。
    • 2年間同じ先生が担当してくれていたのですが、苦手科目の苦手意識を取り払ってくださり、さらには息子の口から「勉強することが面白い」という言葉も出てきました。息子に寄り添った指導をしてくれていたことを感じます。息子の医者へのこだわりと、メディカルラボでの指導のおかげで無事医学部に合格できたと思っています。

    個別指導でおすすめの医学部予備校3選はこちら≫≫

    6. メディカルラボの基本情報

                                   

    指導のタイプ 完全個別指導
    学費 高卒生科
    • 入学金/100,000円
    • 個別カリキュラム管理費/年間528,000円
    • 年間授業料/4,422,000円
    現役生科
    • 入学金/100,000円
    • 個別カリキュラム管理費/1科目あたり年間132,000円
      4科目以上定額528,000円
    校舎の所在地 札幌校
    • 北海道札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル6F
    • JR札幌駅より徒歩8分、地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅より徒歩5分
    仙台校
    • 仙台市青葉区中央4-6-1 SS30 22F
    • JR仙台駅西口より徒歩8分、地下鉄仙台駅より徒歩6分
    さいたま校
    • 埼玉県さいたま市中央区新都心5-2 小池ビルporte6F
    • JR東北本線さいたま新都心駅、JR埼京線北与野駅より徒歩3分
    千葉柏校
    • 千葉県柏市中央町1-1 柏セントラルプラザ3F
    • JR・東武鉄道「柏駅」東口より徒歩5分
    千葉津田沼校
    • 千葉県習志野市谷津1-16-1 モリシア津田沼オフィス棟8F
    • JR線津田沼駅南口より徒歩2分
    東京お茶の水校
    • 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティアカデミア5F
    • JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩1分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅直結
    • 東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分
    東京新宿校
    • 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル5F
    • 都営大江戸線都庁前駅より徒歩1分、東京メトロ西新宿駅西口より徒歩4分、JR小田急線・京王線新宿駅より徒歩9分
    東京池袋校
    • 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 5F
    • JR「池袋駅」東口より徒歩5分、西武「池袋駅」南口より徒歩1分

    東京立川校

    • 東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル 4F
    • JR立川駅北口より徒歩6分
    • 多摩モノレール「立川北駅」北口より徒歩5分

    東京町田校

    • 東京都町田市原町田6-15-8 高峰地所ビル6F
    • 小田急「町田駅」東口より徒歩1分
    • JR「町田駅」より徒歩6分

    横浜校

    • 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル2F
    • JR京急・東急・みなとみらい線「横浜駅」北東口より徒歩6分

    藤沢校

    • 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-6 渡辺ビル5F
    • JR小田急「藤沢駅」より徒歩5分
    • 江ノ電「藤沢駅」より徒歩5分

    静岡校

    • 静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡8F
    • JR「静岡駅」南口より徒歩1分(ペデストリアンデッキで直結)

    名古屋校

    • 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17 名古屋ビルディング7F
    • JR・地下鉄・名鉄・近鉄「名古屋駅」より徒歩2分(名古屋駅地下街より直結)

    金沢校

    • 石川県金沢市広岡2-13-37 ST金沢ビル5F
    • JR「金沢駅」金沢港口(西口)より徒歩5分

    京都校

    • 京都府京都市中京区六角通烏丸東入堂ノ前町245
    • 地下鉄烏丸御池駅より徒歩5分、阪急烏丸駅より徒歩5分

    大阪梅田校

    • 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館タワーB 13F
    • JR大阪駅より徒歩1分、各線梅田駅より徒歩3分

    大阪なんば校

    • 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー30F
    • 各線難波駅より地下街で直結

    あべのハルカス校

    • 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス28F
    • 近鉄「大阪阿倍野橋駅」より徒歩1分
    • JR「天王寺駅」より徒歩2分
    • 地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺駅」西改札口より徒歩1分
    • 阪堺電鉄「天王寺駅前駅」よりすぐ

    神戸校

    • 兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST 3F
    • JR三ノ宮・阪急神戸三宮駅より徒歩6分、阪神神戸三宮駅より徒歩5分、地下鉄三宮・花時計前駅より徒歩1分

    岡山校

    • 岡山県岡山市北区駅元町15-1 リットシティビル6F
    • JR岡山駅西口より徒歩1分(岡山駅より連絡橋で直結)

    広島校

    • 広島市南区松原町5-1 ビッグフロント広島タワービル7F
    • JR「広島駅」南口より徒歩3分(JR「広島駅」より地下道で直結)

    松山校

    • 愛媛県松山市三番町4-9-6 NBF松山日銀前ビル7F
    • 伊予鉄「松山市駅」より徒歩6分、伊予鉄市内電車「市役所前」電停より徒歩3分、(JR「松山駅」から「市役所前」電停までは、伊予鉄市内電車9分)

    福岡校

    • 福岡県福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル8F
    • 地下鉄空港線「天神駅」直結、西鉄「西鉄福岡(天神)駅」より徒歩3分

    小倉校

    • 福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1 アミュプラザ西館8F
    • JR・北九州モノレール「小倉駅」より直結(アミュプラザ西館8階)

    熊本校

    • 熊本県熊本市中央区手取本町11-1 テトリア熊本銀染コアビル4F
    • 熊本市電水道町駅より徒歩1分

    鹿児島校

    • 鹿児島市山之口町12-1 鹿児島センタービル2F
    • 鹿児島市電「高見馬場」電停・「天文館通」電停より徒歩2分(JR「鹿児島中央駅」から「高見馬場」電停までは鹿児島市電6分)、市営バス停「高見馬場」向かい
    電話番号 0120-456-260(東京お茶の水校)

     

PAGE TOP